TOP > 感染症・保健情報 > 足立区内感染症情報



−足立区内医療機関および保育園・幼稚園・学校等関係 各位−
 

麻しんの診断を行いましたら、足立区医師会(03-3840-2111)または、

和田小児科医院(03-3884-2301)までご連絡願います。

※下記全数報告と合わせて、今までどおりの方法でもご報告くださいますようお願い致します。

− 各医療機関 各位 −

@

※平成20年1月1日より麻しんまたは風しんの全数報告となりました。

麻しんについては、診断を行った医師は7日以内に届出をしていただくこととなっておりますが、麻しんに対するより迅速は行政対応に資するため、麻しんを診断した医師は24時間以内を目処に最寄の保健所への届出を行っていただくようお願いします。風しんについても報告をお願いいたします。

※保健所届出用紙(PDF)

A 臨床診断例については、届出後であっても可能な限り検査診断を実施し、その結果について最寄の保健所に報告していただくようお願いします。
B

足立区医師会(03-3840-2111)または、和田小児科医院(03-3884-2301)に

ご連絡願います。

社会福祉施設等における腸管出血性大腸菌感染症の集団感染の防止について 

2017年8月14日 東京都福祉保健局 報道発表資料

 

1 都内の特別養護老人ホームの事例

8月4日(金曜日)、多摩小平保健所に医療機関から、東久留米市内の特別養護老人ホーム入所者のO157患者発生届が提出されました。また、同施設から、下痢症状の入所者が複数名発生しているとの連絡が同保健所にありました。

同保健所は同施設を訪問し、状況調査と衛生指導を行うとともに、入所者及び職員等を対象とした健康調査を行っています。

これまでにO157の感染者は10名、このうち有症状者は9名(いずれも軽症)、となっています。感染者は入所者及び職員です(平成29年8月14日現在)。

同施設で提供された給食及び調理従事者に対する調査の結果、腸管出血性大腸菌は検出せず、給食を原因とする食中毒の可能性は否定されています。

 

2 腸管出血性大腸菌感染症の発生状況等

腸管出血性大腸菌感染症には、O157、O26などの型があり、都内では年間に約300〜400名の患者が発生しています。

同一施設での集団感染は、全国では年間に10数件が報告されています。

なお、例年7月から9月は流行する時期にあたり、各施設は、感染症や食中毒の防止に十分に注意し、集団感染等が疑われる場合は、速やかに保健所に報告、相談してください。

 

3 感染防止のために注意すべき事項

腸管出血性大腸菌感染症の感染経路は、経口感染です。菌に汚染された食品等を喫食することにより感染するほか、患者の便や菌のついたものに触れた後、手洗いを十分に行わなかった場合などに、人から人への感染を起こす可能性があります。

食事前やトイレの後、排泄の介助やオムツ交換等を行った後には、その都度、石鹸と流水による手洗いをきちんと行うことが重要です。

菌に汚染した可能性のある場所は、適切な方法で消毒を行う必要があります。

 

 

出典: http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/08/15/04.html

 

― 足立区立 保育園・小学校・中学校等 登校・登園許可証 ―
 
足立区医師会感染症サーベイランス委員会
足立区                      
Copyright(C)2004 AdachiMedical Assosiation. All rughts reserved.