TOP > 感染症・保健情報 > 足立区内感染症情報



−足立区内医療機関および保育園・幼稚園・学校等関係 各位−
 

麻しんの診断を行いましたら、足立区医師会(03-3840-2111)または、

和田小児科医院(03-3884-2301)までご連絡願います。

※下記全数報告と合わせて、今までどおりの方法でもご報告くださいますようお願い致します。

− 各医療機関 各位 −

@

※平成20年1月1日より麻しんまたは風しんの全数報告となりました。

麻しんについては、診断を行った医師は7日以内に届出をしていただくこととなっておりますが、麻しんに対するより迅速は行政対応に資するため、麻しんを診断した医師は24時間以内を目処に最寄の保健所への届出を行っていただくようお願いします。風しんについても報告をお願いいたします。

※保健所届出用紙(PDF)

A 臨床診断例については、届出後であっても可能な限り検査診断を実施し、その結果について最寄の保健所に報告していただくようお願いします。
B

足立区医師会(03-3840-2111)または、和田小児科医院(03-3884-2301)に

ご連絡願います。

 百日咳 】

                              東京都感染症情報センター HPより抜粋

 

百日咳の報告数が増加しています!

 

●百日咳ってどんな病気??

百日咳は、百日咳菌による感染症です。患者のくしゃみなどのしぶきやに含まれる細菌によって感染します。(飛まつ・接触感染)。風邪症状で始まり、徐々に咳の回数が増え咳の症状も激しくなります。激しい咳は2〜3週間かけて徐々におさまりますが、時折発作性の咳がみられます。乳児の場合、無呼吸発作など重篤になる可能性があります。年長児や成人は、特徴的な発作性の咳が目立たないので、百日咳の罹患に気付かず、乳児の感染源となっていることがあります。

●予防のポイント

有効な予防法は予防接種です。予防接種法に基づく定期予防接種が行われています。

集団生活ではおもちゃやタオルの共用を避け、子供の年齢に応じて、咳エチケットを心がけましょう。

百日咳の検出状況や、今年の流行状況をお知りになりたい場合は、東京都感染症情報センターの「百日咳」のページをご参照ください。

●百日咳の発生状況

2018年1月より百日咳は国への全数報告疾患となり、発生状況がより詳細に把握できるようになりました。都内では6月に入り報告数が増加傾向にあり、注意が必要です。

出典:http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/fifth-disease/

 

― 足立区立 保育園・小学校・中学校等 登校・登園許可証 ―
 
足立区医師会感染症サーベイランス委員会
足立区                      
Copyright(C)2004 AdachiMedical Assosiation. All rughts reserved.